創業者 山本ブログ 2016年12月30日

年末のご挨拶

仕事納めです。
 
にもかかわらず、なぜ10年前にトキワ荘プロジェクトを立ち上げたかミーティングで新入職員に熱く語ってしまいました。
 
せっかくなので、年末のご挨拶に代えて。
 
「目標を持って敢えてフリーターを選んだ人たち」を応援したいと思ったのが、11年前に若手漫画家を支援するトキワ荘プロジェクトを始めようと思ったきっかけです。
 
この社会の多様性や文化的な豊かさは
 
目標を持って敢えてフリーターを
目標を持って敢えてフリーランスを
目標を持って敢えて起業家を
目標を持って敢えて中小企業を
目標を持って敢えて地方を
目標を持って敢えてNPOを
 
選んだ人たちが生み出していると自分は思っています。
 
しかし、2005年当時、そのような人たちは「夢追いフリーター」と揶揄され、むしろキャリア教育によって駆逐しなければいけない存在になり下がっていました。
 
一度フリーターになる、言い換えれば「敷かれたレールを降りる」ことは確かに統計上はリスクです。一方で、私の知る「目標を持って敢えてフリーターを選んだ人たち」が困っていたことは、目標を、夢を、現実には追えていないことでした。経済的にも精神的にも厳しい状況下で、気付けばアルバイトに明け暮れる生活から抜け出せずにいました。
 
夢追いフリーターバッシングの中、彼らが夢を追える環境を整える、いや、彼らの活動を応援する人間が日本に一人くらいは必要だ、その一人になろう、というのが、トキワ荘プロジェクトの始まりです。今は仲間がいます。
 
漫画家を選んだのは、日本の漫画は世界一だからです。日本が世界に最も影響力を持つ文化の1つだからです。漫画はかなり好きですが、好きだから漫画家を選んだわけではありません。
 
ただ、僕は、そういう目標を持って敢えて何かを選んだ人たちが好きです。来年以降より一層、そういう人たちの力に少しでもなれればと思っています。
 
皆様の目標が来年実現しますように。
 
良いお年を!!