NEWVERY、京都市と連携しマンガ・アニメを同時制作 ~ノーヴォと共同で「女子高生と魔法のノート」を作品化~

女子高生と魔法のノート

多摩トキワソウ団地」などの住まいを通じて120名以上のプロマンガ家を輩出してきた特定非営利活動法人NEWVERY(所在地:東京都港区、理事長:小崎文恵、以下「NEWVERY」)は、マンガ・アニメの同時制作により「女子高生と魔法のノート」の作品化を行います。本プロジェクトでは京都市が参画し、地域を軸とした作品づくりに協力します。本作品については、9月18日に京都市で開催された京都国際アニメ・マンガフェア2021(略称:京まふ)のオープニングステージにて制作発表を行いました。

左からノーヴォ代表取締役 宇田英男 京都市市長 門川大作 わかさ生活代表取締役 角谷建耀知 NEWVERY 理事長 小崎文恵

NEWVERYは制作プロジェクト全体を統括すると共に、マンガ制作部分を担当します。またアニメ制作部分を株式会社ノーヴォ(所在地:東京都中野区、代表取締役:宇田英男、以下「ノーヴォ」)が担当します。両者は完全分業とするのではなく、統合的なマネジメントの下で緊密な連携を図り、マンガとアニメのクリエイティブメンバーの間で相互に刺激し合うことを狙います。

本作品は京都市を舞台としています。地元自治体・京都市と地元企業・株式会社わかさ生活(以下「わかさ生活」)の知見を反映し、京都ならではの魅力的なスポットを舞台とした写実的な作品展開を図ります。なお、本作品は小説「女子高生の魔法のノート」(作者:わかさ生活代表取締役社長 角谷建耀知)を原作とするものです。

プロジェクトチーム4者

 

◆制作体制

NEWVERYでは、企業・団体によるメッセージをマンガ等の形で表現化・作品化する事業「Graphium Studios」(グラフィウム・スタジオ)を推進しています。さらに「トキワ荘プロジェクト」などのマンガ家育成事業と合わせ、クリエイターをチーム化し、人材能力を高める取り組みを手がけています。本プロジェクトではその一環として、マンガ・アニメ制作を統合的に進めていきます。

トキワ荘プロジェクトの育成拠点「多摩トキワソウ団地」の外観
Graphium Studiosでの企業向けマンガ作品例(デロイト トーマツ コンサルティング合同会社)

NEWVERYでは、過去に「京都版トキワ荘プロジェクト」、「京まふマンガ出張編集部」などの京都市によるコンテンツ産業振興の取り組みを共同で進めてきました。マンガ・アニメ制作による提携は今回が初めてです。

「京まふマンガ出張編集部」での様子

アニメ制作を手がけるノーヴォ代表の宇田英男は、劇場版アニメ作品「ペンギン・ハイウェイ」の制作で知られる株式会社スタジオコロリドのファウンダーです。2021年7月に高知県初のアニメ制作会社となる株式会社スタジオエイトカラーズを立ち上げるなど、地域連携の取り組みを積極的に進めています。

アニメ作品の監督として、京都市出身の瀬田光穂が参画します。さらに3DCGパートにおいては、NETFLIXが配信するフルCGアニメシリーズ「バイオハザード:インフィニット ダークネス」を手がけたQuebico株式会社がノーヴォと共同で制作を行います。

アニメ作品用に3Dモデリングされたブルブルくん

 

◆作品概要とストーリー

本作品には、物語の主人公である高校2年生の結月と、わかさ生活のメインキャラクターであるブルーベリーの妖精・ブルブルくんが登場します。ブルブルくんは、関西弁を話すユーモラスな存在ながら、結月に重要なメッセージを伝える役割を果たします。

物語は、結月が所属するダンス部で1年生と3年生が衝突するところから始まります。悩んでいる結月の前に、ブルブルくんが登場し、話は急展開します。結月はブルブルくんから様々な教えを受け、周りの人を幸せにしながら、自らの夢に近づくヒントを見つけていきます。作品を見る方々においても、自分の夢を見つけ、夢への第一歩を踏み出せるようになることを期待しています。

女子高生と魔法のノート表紙
マンガ作品第1話より
京都の実在の風景をモデルにした写実的なシーンが広がる
京町屋に住む主人公・結月
マスコットキャラクター・ブルブルくんの言葉が主人公を導く

 

◆作品の公開予定

マンガ作品は全5話を予定しています。9月18日より第1話をわかさ生活書店WEBサイトにて配信します。第2話以降についてもわかさ生活書店WEBサイトにて順次掲載予定です。マンガ作品では、アニメ作品では描かれないストーリーを展開していきます。

アニメ作品は2022年春に公開を予定しています。京都市内で上映会を行うほか、YouTube上でも公開予定です。

京まふ会場入口の吹き抜けに大きく掲示されたキービジュアル

 

 

◆マンガ・アニメ版「女子高生と魔法のノート」制作体制

原作:角谷建耀知(株式会社わかさ生活 代表取締役社長)
制作プロジェクト管理:特定非営利活動法人NEWVERY
マンガ制作:特定非営利活動法人NEWVERY
アニメ制作:株式会社ノーヴォ
統括プロデューサー:小崎 文恵(NEWVERY 理事長 CEO)
URL:https://mahou-no-note.wakasa.jp/

女子高生と魔法のノート

 

◆株式会社ノーヴォについて

所在地:〒164-0013東京都中野区弥生町4-34-8 東京・インテックスビル2F
代表者:代表取締役 宇田英男
設立: 2020年1月6日
URL: https://noovo.co.jp
企業理念:配信時代に活躍できる新たなアニメクリエーターを増やす
事業内容:アニメーションの企画・制作

 

◆特定非営利活動法人NEWVERYについて

所在地:〒107-0062東京都港区南青山7-3-6 南青山HYビル7F
代表者:理事長 小崎文恵
設立: 2009年10月30日(設立登記日)
URL: https://www.newvery.jp/
団体ビジョン  : 企業・団体の潜在的魅力を引き出し、マンガ表現に落とし込むメッセージ・デザイン事業と、集団の相互作用で人材能力を開発していくコミュニティ・デザイン事業を展開。両者の相互作用により、高い能力を持ったチームによる表現創造を推進し、社会変革を実現していく。
事業内容:ビジネス向けのマンガ表現制作事業「Graphium Studios」、マンガ家育成事業「トキワ荘プロジェクト」、シェア型学生寮事業「チェルシーハウス」、地域と連携した学生寮の企画プロデュース事業等を展開。

関連するサービス:

 


Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter